放射線取扱主任者

H28年物化生問1-IIその3(放射線取扱主任者)

最後に(オ)を求めていきます。電子当たりのコンプトン散乱断面積が\(0.20barn=0.20\times10^{-24}cm^2\)ですので、電子密度を求めていきます。原子当たりの質量は$$\frac{27}{6.02\...
放射線取扱主任者

H28年物化生問1-IIその2(放射線取扱主任者)

前回は下式を求めるところまで解説しました。$${E_{\gamma}}^{\prime}=\frac{E_{\gamma}}{1+\frac{E_{\gamma}}{mc^2}\left(1-cos...
放射線取扱主任者

H28年物化生問1-IIその1(放射線取扱主任者)

それでは解説していきます。まず、(I)は「6 核異性体転移」(J)は「3 内部転換」となります。これに関しては知識としておさえておきましょう。 次からが本題です。下図について式を立てていきます...
放射線取扱主任者

H23年物理問1(放射線取扱主任者)

波長とエネルギーを結びつける必要があるので、下記の式を使用します。$$E=h\nu=h\cdot\frac{c}{\lambda}$$波長を求めるために変形して、$$\lambda=\frac{hc}{E}$$この式の右辺...
放射線取扱主任者

H26年物理問1(放射線取扱主任者)

エネルギーと質量の関係を聞かれていますので、使う式は一択ですね。$$E=mc^2\\=4.0\times 10^{-12}\times {\left(3\times10^{8}\right)}^2\\=3.6\times ...
放射線取扱主任者

H29年物理問1(放射線取扱主任者)

中性子のエネルギーから速度を求める問題です。中性子の速度を求めていく前に、以下の問題について考えてみてください。問、運動エネルギーが\(0.5J\)である球の速度\(\)を求めよ。ただし、球の質量は\(1kg\)とする。中...
放射線取扱主任者

H27管理計測問4-1その3(放射線取扱主任者)

参考書等に載っているスミア法の公式にそのまま値を入れるだけだと、応用が効かないので一つ一つ分けて考えていきましょう。まず、得られた計数率からバックグラウンド計数率を除くことで、正味計数率が得られます。$$380-8...
放射線取扱主任者

H27管理計測問4-1その2(放射線取扱主任者)

(G)の解答は「7 167(keV)」で、(H)は「1 液体シンチレーション」です。\(\beta^{-}\)線放出核種で液体シンチレーションカウンタを使って計測するものは\(^3H\)(18.6keV)、\(^{...
放射線取扱主任者

H27管理計測問4-1その1(放射線取扱主任者)

まず(A)、(B)についてですが、これは暗記してしまいましょう。\(^{32}P\)は半減期\(14.3日\)で\(\beta^-\)壊変をします。β線のエネルギーは\(1.711MeV\)で、γ線は放出しない純β...
放射線取扱主任者

H30年管理計測問1-2その6(放射線取扱主任者)

前回記事で(ウ)の値\(7.8\times10^1\)は、実測値ではなく理論値なので標準偏差を0として考える、というお話をしましたが、その点について解説したいと思います。問題を解く上で意識している人は少ないと思いま...
タイトルとURLをコピーしました